女性向けに作られた「レディースローン」とは?

女性向けに特化した「レディースローン」というキャッシングがあります。これは通常のキャッシングとどうか違って、どのようなメリットがあるのでしょうか、詳しく解説していきたいと思います。

いろいろな制度の違いを理解して、有効に活用できれば、キャッシングは貴方の味方になります。

このキャッシングの特徴は、受け付けや申し込み手続き、契約、融資の実行までのすべての流れを女性スタッフが対応するということになります。レディースローンを利用する限り、その過程で、男性と接することはありません。

このことは、キャッシングを受けなければならない理由が、なかなか男性には話しづらいなど、女性であることに起因する場合などに有効に作用します。同性ならば、詳しく話せて安心という人もいるのだということです。「レディースローンキャンペーン」などと謳って、積極的にアピールする会社もあります。

ただし、注意していただきたいのは、「レディースローン」だからといって、条件面で女性だから有利になるということはありません。映画館の「レディースデー」やレストランの「女性にはデザートサービス」などとは根本的に異なります。

融資を受けて返済するという行為は、男女関係ないものですし、返済できなくなるリスクも変わりません。むしろ、収入面から言えば(統計的には女性のほうが低いのですから)、女性向けのほうがリスキーかもしれません。

だからといって、審査が女性に不利ということはなく、通常のキャッシングと同様の書類と個人情報、信用情報をもとに、公平な審査が行われます。「女性優遇」ではなく「女性が相談しやすい環境整備」を行った融資がレディースローンだと考えてください。

甘いセールストークで誤解して、余計なキャッシングを受けてしまい、返済に難儀するようなことがないように、あくまで条件面では公平かつ厳格だということを認識して、利用の有無を判断してください。

スタッフが全員女性だけというメリットもありますので、本当に困ったときは相談してみるのも1つの手段です。

このページの先頭へ