専業主婦でもキャッシングは利用できるのか?

もちろんケースによりますが、多くの場合、お家のお財布をお母さんが握っている状態なのではないでしょうか?

家計をやりくりする上で、どうしても乗り切れない月が来てしまうこともあるでしょう。そんな時、キャッシングという選択を考えつく方も少なくはありませんね。

もちろん主婦の方でも、社員、パート、自営業など、なんらかの形でお勤めで、一定の収入を得ている場合、キャッシングで融資を受けることは可能です。ところが、お勤めではない専業主婦が融資を受けようとなれば、そう簡単には行きそうにありません。

2006年に成立された貸金業法は、準備期間を持ちながら段階的に施行されてきました。最終的に、2010年6月には総量規制含む全ての規定が施行されています。

総量規制というのは、個人向けの貸付けに限り、原則として借入総額が年収等の3分の1に制限されているシステムを指します。

つまり年収のない無職の方や、また専業主婦で働いておられない方はお金を借りることができなくなっているのです。

じつは、総量規制が施行される以前まで、専業主婦であってもお金を借りる事が可能でした。ところが現代では、ご主人の同意なくては借り入れを行う事ができなくなってしまったのです。

「旦那には内緒で、キャッシングを利用したいのだけれど・・・。」と考えられていたのであれば、その手段が近年使えなくなっているという事を理解しておきましょう。

ご主人の同意を得る事ができ、その上で借り入れを受けたい場合、必要な書類(婚姻証明書・ご主人の同意書 など。各々の金融機関にご確認ください。)を持って契約を行う事が可能です。ご主人が審査の対象となり、その審査が通れば、晴れて融資可能となる訳です。

また、ここまで書きましたが、じつは総裁規制の対象外となっている銀行なども存在しています。 お勤めでない専業主婦の方がお金を借りるのであれば、このような銀行を選択する手段もあるのです。

このページの先頭へ