キャッシングは完済したら解約を忘れずに

キャッシングの返済が終わり、完済をしたという方は必ず解約をしておいた方が良いです。解約をしなくても使わなければ同じことでは?と思う方もいるかもしれませんが、大きな違いがあります。

持っていると使ってしまうという方も多いですよね。 なにかあった時のために解約せずにカードを保管している、契約をしたままにしているという方も多いですが、もう借金はしないという強い意志があるのであれば解約をしておきましょう。

完済したキャッシング業者を解約しておいたほうがいいというのには、もうひとつ大きな理由があります。 それは、例え完済していたとしても解約をしなければ5年以上経っても信用情報にローンの契約情報が残ってしまうということです。

例えば、キャッシング枠が50万円のカードがあったとしましょう。 完済済みで1円も使っていなかったとしても、使う気になれば50万円借り入れができるわけですよね。

ローンなどの審査を受ける際にデメリットも考えられるため、解約を済ませておきましょう。借り入れに関する情報は信用情報センターに残っているのですが、その期間は5年間までです。

つまり、完済して解約もすれば、5年後には信用情報センターからその業者の借り入れに関する情報は削除されます。

ですが、解約をせずにいた場合、完済したとしても契約は自動的に継続されることになるので信用情報センターから記録が消えることはありません。

信用情報センターに借り入れの情報が残っていたとしてもなにも良いことはないので、完済後は解約するということを忘れずにおきましょう。

当然のことながら、キャッシングの解約は完済していなければできません。 もし、解約をした後にまた使いたくなったという場合には改めて審査を受ける形になります。

解約の方法についてですが、業者の窓口に出向いたり、電話で解約の手続きを行うこともできます。他には郵送などの方法を用意しているところもあるので、このあたりは現在借り入れを行っている業者のホームページなどを確認すると良いですね。

このページの先頭へ